001. 『デザインのつかまえ方 ロゴデザイン40事例に学ぶアイデアとセオリー』 w/小野圭介さん

小野圭介/ONO BRAND DESIGNさんをゲストに、5/7に発売された単著『デザインのつかまえ方 ロゴデザイン40事例に学ぶアイデアとセオリー』(MdN)について語っていただきました。

Cast

Show Notes

  • デザインのつかまえ方 ロゴデザイン40事例に学ぶアイデアとセオリー
  • ご本人によるnote『デザインのつかまえ方』
  • twitterで購入してくれた方とコミュニケーションしている
  • このサイズ感(13cmの正方形、厚み約2.5cm)にした理由
  • むぎわらしんたろう先生による表紙イラスト作成の裏話
  • なぜ自分自身が表紙デザインするのではなく他の方に依頼したのか
  • 「違和感なく美しく」とは?
  • 自分でジャッジし過ぎない、狭めすぎない
  • 「手を動かすことへの怖さは手を動かすことで克服するしかない」とは?
  • 新しい仕事に取り組む際は手を動かすことで頭をほぐすようにしている
  • 気持ちに並走するために気をつけていること
  • クライアントさんの意見を踏まえてより良くしていきたい
  • ブレイクスルー誘発のための緩急と締め切りのバランス
  • 自分の中に時間の制約を設ける(タイマーを使う)
  • 【HoiClue】娘さんと一緒に遊びながらロゴを作る
  • 【石巻・川の上プロジェクト】父親に風景画を描いてもらった
  • 娘さんに著者プロフィール写真を撮ってもらった
  • 【山の日記念全国大会】3時間のワークショップで子どもたちと一緒に作った
  • 「この案件は小野さんっぽいと思いました」ということでお声がけをしてもらうこともある
  • 物を使ったり紙を切ったり、手を動かしながら作るのが好き
  • 今回の本の企画書でも「楽しみながらデザインする」ことを考えていた
  • 【青い鳥の会】初めはロゴではなく旗デザインの依頼だった。型紙を納品して子どもたち・保護者さんに旗を作ってもらった
  • 【enish】「かっこいい」をどうやって実現するか
  • 【Lighthouse】アイデアの飛躍を感じながら別の案も多く提示することについて
  • 捨て案という言葉はあまり良いと思っていない。どれに決まっても良いと思える提案をする
  • 「ジャッジし過ぎない」ために、提案数は多く持っていくようになってきた
  • プレゼンの場はデザイナーの意見を押し付ける場ではなく、クライアントとより良い方向を一緒に検討する場
  • 【図案スケッチブック60周年記念商品】こういうのを作りたいと思った瞬間、一番手元にあった紙をちぎり始めていた
  • 思いついたらすぐに作ってみることを大切にしたい
  • ロゴの話から商品デザインという考え方に変わっていった
  • 図案スケッチブックのことを書いたnote「新しいデザインはしない、というデザイン」
  • 【訂正】最後の57:54あたりのハッシュタグお知らせ「#meandsfm」→「#meands」です